Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

出典:www.livinghouse.co.jp

「ソファー」を置く場所と言えばリビング・応接室・個人部屋と様々なタイプの大きさになります。家具として重要な役割を果たすソファですので慎重に選ぶ人が多いようです。
これを知っておけば、失敗が少ないソファ選びが出来るポイントをご紹介します。

搬入口のチェックは最初に

出典:www.takumi-sofa.com

せっかくソファを購入しても部屋まで運べないと残念な結果になってしまいます。大きさ等の大体の見当がついたら先に搬入口のチェックをするようにした方がベターです。管理人さんなどに、搬入の際の最大サイズなども先に聞いてメモしておくことをお勧めします。購入が決まった時点でお店の方に大きさやトラックの大きさなども聞いてみるとスムーズに搬入まで出来ます。

部屋の面積は確認済みですか?

出典:www.e-renga.jp

ソファに限らず大きな家具を購入するときのポイントとして、部屋全体の『6分の1~8分の1』が好ましい大きさと言われています。大きすぎず小さすぎずというと、大体このくらいの割合になります。

部屋の面積はどうやって知る?

手段として
  • 不動産屋から預かっている間取り図を活用。
  • 担当不動産屋に問い合わせ取り寄せる。
  • 自分でメジャーにて計測する。
なるべく購入・借りた不動産屋の間取り図を使用するほうが失敗はありません。

図面の中で割合を決めて実物大を置く

割合が決まると大きさも決まるので実際の大きさのダンボールなどでその場所に置いてみる。すぐに取り壊せる物で実際より両サイド・高さにプラス1cmの物を用意してみる。
大人一人が荷物などを持って歩いても歩きやすい空間が出来るか実験してみると失敗が少なくなります。

高さの目安をチェックしましたか?

出典:woman.mynavi.jp

寛ぐための家具ですので、圧迫感がなく座り心地が良い状態がベストになります。

圧迫感をなくす高さとは?

  • 部屋の縦空間に対して『3分の1~4分の1』の高さを目安に
  • 他の家具に対しての割合も大事ですので見上げず・見下ろさない高さ
  • テレビなどがある場合は座って寄りかからない状態で真っ直ぐよりやや高めの位置から見下ろす程度
3番目の項目は寄りかかった時に丁度良い位置になりやすい高さです。
大きさ・高さを知っておくと家具屋さんに行ったときに迷うことなく選び始めることが出来ます。

色調・材質は決まっていますか?

出典:www.romandeal.com

色調・材質によって温かみのある空間にもクールな印象の空間にもなります。
ソファを置く場所に求めることが何かを明白にすると材質選びも簡単になります。

材質は周りの家具に合わせると吉

温かみのある部屋なら
  • 素材はスエード・布
  • 脚素材は木目
  • 色調は白・生成り・茶色
クールな雰囲気なら
  • 素材は革
  • 脚素材はステンレス製など。
  • 色調は黒・紺・ワインレッド
基礎ポイントとして把握しておくと、家具屋さんから違うタイプを奨められた場合にも、「ちょっとタイプ的に違うかな」とその場で判断が出来ると思います。
大きな家具を購入するときには誰にとっても一大事です。
『おおげさなのではなく、しっかり把握』をするように心がけておくとベストな家具選びが出来ると思います。