Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

片手で扱えて、双眼鏡よりも手軽に使える単眼鏡。立体的に対象を見るのなら断然双眼鏡ですが、携行性なら圧倒的に単眼鏡が便利です。でも光学系の買い物って科学的な数字とかが多くてよくわからない、という人のためにここでは単眼鏡の選び方と、「○○な時に使える単眼鏡」を紹介しておきたいと思います。

●単眼鏡の倍率のポイントは「高すぎないこと」


出典:www.atpress.ne.jp

単眼鏡は基本的に自分の手でもって使います。コンサートで演者を見るのに三脚を構えてみるわけにはいきませんし、野鳥観察では三脚を使う人もいますが、手軽に取り出せて、簡単に視界を変えられるのが単眼鏡の強みです。 倍率が高くなると、すこし手を動かしただけでも大きく視界が変わってしまいます。例えば10倍のレンズで10センチ移動させれば10メートルもずれてしまうことになります。たいていの物は視界から消えてしまうわけです。そのことを考えると、単眼鏡の倍率は10倍が限度だと言えます。

●対物レンズ有効径


出典:www.mbok.jp

目を当てて覗き込むのが接眼レンズ、もう一方が対物レンズです。このレンズの大きさは、対象物がきれいに見える距離の目安となる「焦点距離」や、あとで説明する実視界、ほかにも明るさに関係する「集光力」と大きく関わっています。もちろん、レンズが大きければ大きいほどこれらの値も大きくなりますが、同時に全体の大きさ、重量もどんどん上がっていってしまいます。携行性、手軽さが単眼鏡の強みなので、あまり対物レンズ有効径にこだわって単眼鏡を選ぶと、目的を見失いかねません。対物レンズ有効径が大きすぎる単眼鏡を選ぶくらいなら、双眼鏡を買った方がいい、という場合もあります。あくまで自分の目的の使用シーンをイメージして選ぶようにしましょう。

●実視界


出典:www.rakuten.co.jp

実視界というのは、単眼鏡を覗いたときに見える範囲のことで、視界の左右の幅と単眼鏡の対物レンズを結んだ角度を数値として表します。これは単眼鏡選びの中でも最重要項目と言っていいでしょう。というのも例えば5 ~6度だと初心者ではなかなか対象を捕捉できないのです。「そんな馬鹿な、目の前のものに合わせるだけなのに」と思うかもしれませんが、倍率が高くなるとわずかなずれが大きな違いになるのです。そのため初心者は倍率やレンズ径を犠牲にしてでも実視界が7度以上のものを選ぶようにしましょう。

●おわりに

いかがでしたでしょうか。単眼鏡選びのコツは一言で言うと「バランス」です。倍率や対物レンズ有効径、実視界と、重さ、大きさのバランスです。これを見誤ると、使いたいシーンに使いにくい物を買ってしまう可能性が出てきます。自分の用途をよく考えて選ぶようにしましょう。

●用途別おすすめ単眼鏡3選!!

・コンサートや観劇で使うならこれ ニコン Nikon

5×15D [5倍 モノキュラー HG]


出典:www.yodobashi.com

カメラで有名なNikonから、本格派のための単眼鏡を紹介します。コンセプトは「スーツに似合う単眼鏡」。シルバーのカラーリングに、インテリジェンスなフォルムは観劇やコンサートといったフォーマルなシーンでも何の違和感もなく取り出して使うことが可能です。重さは75g、サイズは高さ71㎜、幅は30㎜といっそのこと内ポケットにでも忍ばせたくなるコンパクトさです。倍率は5倍と必要十分で、何より特筆するべきは実視界9度というスペック。観劇などでは遠すぎると肉眼では見えませんが実視界が狭ければなかなか舞台の全様は把握できませんし、なにより手振れによる視界のずれが非常に大きな問題になります。9度もあれば大分それが軽減されるので、重宝すること間違いなしでしょう。値段は18,570円です。

・野鳥観察で使うならこれ KOWA コーワ

TSN-602 [スポッティングスコープ 直視型]


出典:www.yodobashi.com

単眼鏡通御用達のKOWAのエントリーモデルがこちらです。全長299㎜、重さは720gと先ほど紹介したNikonのモデルとはかけ離れたサイズですが、それは用途が違うからです。対物レンズ有効径は60㎜もあり、対象物を素早くとらえるための照準線も装備し、片手でのぞきながら持ち方を変えずにピントを操作できる「フォーカスノブ」が採用されています。そのうえ完全防水設計、防塵ガラス仕様で、鏡筒内部には窒素ガスが充てんされているのでレンズの内側から曇りが発生することもありません。徹頭徹尾アウトドアでの使用を想定して設計されているので、逆にこれで観劇をするのはナンセンスです。ぜひとも山に川にと持っていってフル活用するべきモデルです。価格は32,400円。エントリーモデルとはかなりお手頃価格です。

・こんな機能のある単眼鏡も! ミノックス Minox

NVD mini [ナイトビジョン]


出典:www.yodobashi.com

こちらは倍率を犠牲にして2倍にまで削って実現した、暗視スコープタイプです。ライトで照らすのでもちろん観劇やコンサートには向いていませんし、2倍では野鳥を発見することもできません。そうつまり、完全にサバイバルな状況のための一品なのです。夕暮れや星明りの中で行動することを強いられた場合にこの製品は威力を発揮します。真っ暗闇の中でも60m先の視界まで確保できるこのスコープは、非常時の強い味方になることでしょう。