Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

出産のアルバムを選ぶ

赤ちゃんが産まれたらアルバムを作ろうと思っている人は多いでしょうが、どんなアルバムにするか決まっていますか?アルバムと一口に言っても様々なものがあり、アルバムの選び方によって、写真の保管法や保存状態が大きく変わってきます。
大事な赤ちゃんの写真をきれいに、長く残すためには、きちんとアルバムを選ぶことが重要です

タイプで選ぶアルバム

アルバムには、大きく分けて「台紙型」「ポケット型」「スクラップフリー型」「写真ブック」の4つがあり、用途に合わせて選んでいくことになりますが、それぞれに長所と短所があるため、これを見極めて選んで行かなければなりません。

台紙型アルバム

台紙型アルバムとは、粘着性の台紙に写真を張り付けて保存するタイプのアルバムのことです。台紙自体に粘着力があるので、写真が固定しやすいのが利点。また、台紙にフィルムがついているため、写真を湿気や紫外線などのダメージから守ることができます。特別な加工がしてあることも多く、写真の劣化を防ぐこともできるのが最大の利点です
台紙に光沢があるので写真が映え、写真を自由にレイアウトできるのも利点。
ただし、台紙型のアルバムは台紙1枚が厚めで、重量があります。大きなものになるとかなり重く持ち運びには適しません
さらに、一度貼り付けると貼り換えがしにくいのも難点です。

出典:item.rakuten.co.jp

台紙型アルバムは長期保存に適しているので、出産の記録や子供の行事など、特別な日の写真を長く残したい時にはぴったりです

ポケット型アルバム

ポケット型アルバムは、写真の大きさ(一般的にはL版)に合わせて作られたポケットに、写真を差し込んでいくタイプのアルバム。ポケットに入れるタイプなので、写真の入れ換えがしやすいのが利点
また、軽量で小型のものも多く、持ち運びしやすいのもポケット型アルバムの特長。気軽に写真を撮ってすぐに保管でき、また安価なものが多いのも利点です。
ただし、L版以外の大きさを収納できるものが少なく、写真が折れ曲がってしまったり、劣化しやすいのが難点です。

出典:www.amazon.co.jp

普段の生活の様子を撮ったスナップ写真などを納めるのに適しています。

スクラップフリー型

スクラップフリー型のアルバムは、スクラップブックのように写真を張り付けるタイプ。台紙型と違い、台紙自体に粘着性はなく、フィルムもありません。
スクラップフリーのアルバムの一番の利点は、台紙に直接日付やコメントなどを書ける点。自分で自由に、しかも手軽にレイアウトでき、世界で一つだけのアルバムを作ることができます
ただ、写真が痛みやすいので、フォトコーナー(写真の角を守るカバー)を用意したり、貼り方を工夫したりしなければなりません。劣化・傷みは気になりますが、自由度が高いアルバムなので、思い出に残るものを作ることができます。

出典:www.amazon.co.jp

写真ブック型

写真ブックはデジカメなどで撮った写真を選び、それを本のようにまとめたもの。特別な台紙に直接写真を印刷しまとめます。写真店などで加工を受け付けており、デザインやメッセージなどを自由に選ぶことができるというケースもあり、多種多様なものから写真の枚数やテイストを選ぶことができます。
加工料は必要ですが、1冊の本として思い出を残すことができ、また劣化しにくいので、お気に入りの写真をきれいに残すことができます

綴じ方で選ぶアルバム

アルバムを選ぶ際には「綴じ方」にも注意しておきましょう。アルバムの綴じ方によって、収納できる枚数や利便性が大きく異なってきます。

台紙が増やせるリフィル方式

リフィル(詰め替え)方式とは、アルバムの台紙を追加したり、入れ替えることが可能なタイプのアルバムです。台紙を綴じる部分がリング式になっているものが多く、長く使うことができます。
また、台紙の順番を入れ替えることもできるので、整理・アレンジがしやすいという利点があります

出典:www.amazon.co.jp

ただ、増やせる台紙の数には限界があり、台紙の大きさを合わせなければなりません。

製本方式

製本方式は、一般の書籍のようにきちんと製本されたタイプのアルバムです。かっちりした見た目で、重厚感・高級感があるのが特徴。
台紙を増やしたり、順序を入れ換えることはできませんが、アルバム自体が非常にしっかりした作りになっているので、長期間の保管にはぴったり

出典:www.amazon.co.jp

ただし、アルバムがいっぱいになっても台紙の追加ができませんし、順番を入れ替えることもできません。保管数が多くなるとかさばるのもやや使い勝手が悪いところではあります

出産アルバムにするなら?

長く保管したい写真は?

出産アルバムは一つに絞る必要はなく、使い分けることが大事です。
産まれて初めて撮影した写真や家族の集合写真、お宮参りの写真など、長く保管したい写真は台紙型のアルバムに保管するのが一番。記念として長く残しておきたいものなので、写真が最も劣化しにくい台紙型を選びましょう。
ただ、台紙型アルバムは一度貼ると貼り換えが難しいものもあるので、写真は一旦ポケット型のアルバムで保管しておき、そこから選んで貼るのが失敗しないコツ。

出典:www.amazon.co.jp

小まめに成長記録を残したい時は?

赤ちゃんの普段の成長を残したスナップ写真を保管するならポケット型のアルバムが便利。価格も安価なものが多いので、気軽に写真を保管できます。普段はこのポケット型のアルバムで写真を管理し、ここから台紙型アルバムや写真ブック用の写真を選ぶ様にするといいですね。
1カ月に1冊、行事ごとに1冊など、テーマ別にアルバムを作りやすいのも利点。コンパクトなものは持ち運びも簡単です。

出典:www.amazon.co.jp

出産時に用意するアルバム

出産時に用意する赤ちゃん用のアルバムの多くには赤ちゃんの誕生や成長を残しやすいように工夫がしてあります。アルバムを選ぶ際にはこうした工夫も見ておくといいですね。

生年月日や出生体重などの記録を残せる

出産用のアルバムには、赤ちゃんの生年月日や出生体重など、赤ちゃんの記録を記載できるページが設けてあります。写真と一緒にこうした記録を残しておくと、思い出や感動もより印象深くなりますよね。
また、手形などを残すことができるものもあります。
こうした出産アルバムは台紙型のものが多く、赤ちゃんの記録を長く残せるようにしっかりした作りになっています。大型のものが多いですが、一冊は用意しておくといいでしょう。

出典:www.amazon.co.jp

名入れアルバム

出産用のアルバムには、表紙などに赤ちゃんの名前や生年月日を入れる「名入れアルバム」もあります。名前を入れることで世界で一つだけのアルバムを作ることができ、特別感も出ます。
名入れのアルバムは布製の表紙に刺繍で名前を入れるものが多くなっていますが、素材や名前の入れ方等はものによって大きく違います。注文から出来上がりまで数週間必要なことが多いので、出来上がる時期なども確認しておきましょう。

出典:www.amazon.co.jp

お祝いで贈るなら?

出産のお祝いにアルバムを贈ろうという人もいるかもしれませんね。ただ、出産祝いとしてアルバムを贈る場合には、コツがあるのでそれを押さえておきましょう。

出産アルバムは要否を確かめてから

出産アルバムを贈る際には、相手がそれを必要としているかどうかを聞いてから贈りましょう。特に名入れのアルバムや製本型の出産アルバムはすでに購入している可能性があります。
5000円~1万円程度の出産アルバムは金額的に出産祝いに適していますが、大型で重量があり、かさばるもの。何冊もあると邪魔になってしまうことがあります。アルバムは親や祖父母が用意していることが多いので、事前に要否を聞いてから用意した方が安心です。
また、最近は写真を現像せずに保管する家庭も多くなっています。重くかさばる大型のアルバムは喜ばれないケースもあるので注意しておきましょう。

ちょっと変わったアルバムを選んでみる

出産祝いにアルバムを贈るなら、少し変わったものを選んでみましょう。スクラップブック型でレイアウトが自由にできるものや、飛び出す絵本のように加工されたもの、写真立てとしても使えるものなど、定番から少し外れていて、小さめ(薄め)のものを選ぶのがコツ。

出典:www.amazon.co.jp

出産アルバムの重要性

最近は写真をデジタルデータで残すことができるため、あまり頻繁には現像しないという人もいるかもしれません。でも、写真を現像して残すことには大きな意味があり、アルバムは思い出をきちんと残すためには重要なものなんです。

データ破損の可能性

デジタルデータはかさばらず、便利ですが破損あるいは消失する可能性がありますCDに焼いたデータの寿命は数十年程度ということが多く、保管状態が悪いともっとはやくデータが破損してしまいます。
また、USBやパソコン等にデータを入れている場合も、その機器が故障したり、トラブルに見舞われたりするとそのデータは消えてしまいますよね。
写真は現像しなければなかなか見直さないものなので、大事な写真であるほど現像して保管しておくことが大事。出産の思い出は最も大事なものの一つでもあるので、出産アルバムがいかに重要かがわかりますよね。
特に子供が大きくなってくると写真を見返す機会が減っていきます。いざ写真を見ようとしたとき、長期間放置したデータはもしかしたら取り出せなくなっているかもしれません。

出典:www.amazon.co.jp

小まめにアルバムを作るということは、膨大なデータを整理するいい機会でもあります。デジカメ以降、写真を撮る機会が激増しているからこそ、それをいかにうまく整理するか、これが思い出をきちんと残すためには重要になってくるのです。