Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

「最近耳の聞こえが悪くなってきた」「おばあちゃんが耳が聞こえにくくなってから元気がなくなっている」など自分だけでなく、自分の両親の難聴は、五感に直接かかわることなだけに日常生活の重大な問題になります。それを解決してくれるのが補聴器。でも補聴器って安いものから、何十万円をするものまでさまざまで、口コミなんかを見ると、安いとダメなのはわかるけど高いからいいっていうわけでもなさそうです。では、いざ補聴器を選ぶという時にどうやって決めればいいのでしょうか。以下では補聴器の間違えない選び方について解説していきます。

●どんな補聴器があるの?種類と特徴

まずは基礎的な知識として、補聴器にはどんなタイプがあって、それぞれどんな強みや欠点を持っているのかを考えてみましょう。

・耳穴タイプ

これはここで紹介する補聴器のタイプの中では、もっとも目立ちにくいタイプです。その字の通り、耳の穴に押し込んで使います。他のタイプのように外部に集音装置が出ないので、聴こえ方が比較的自然になる上、メガネをかけるとき、電話をする時でもほとんど違和感なく使用できます。 しかし耳穴タイプは装置を小さくするために技術がいるので高級なものが多く、他のタイプと比べるとどうしてもパワーの面では劣ってしまいます。またこれから耳穴の大きさが変わっていく子供には不向きですし、モノが小さいのでお年寄りには操作がしにくいという欠点があります。

・耳かけタイプ

耳にかけて、スピーカーを耳穴に入れ込んで使います。髪の短い人はどうしても隠しきれず、また夏などに汗をかくと機械に接している部分がかぶれたりというデメリットはありますが、それ以外はこのタイプが最もオーソドックスで最も選択の幅が広いタイプです。軽度の難聴から重度の難聴まで幅広く対応できるのが最たる強みですので、実用性をとるのであればこのタイプがおススメです。

・ポケット型

集音器本体を洋服の中に入れ、そこからコード付きイヤフォンを伸ばして耳に装着し、音を聞き取るのがポケット型です。強みは重度の難聴にも対応が可能なこと、マイクとスピーカーが完全に別の機械なので、マイクを話し手の口の近くにもっていけば、簡単に会話ができることです。また何よりも特筆すべきはその価格の安さでしょう。耳穴タイプ、デジタル補聴器の価格帯が10万円から40万円弱なのに対し、ポケット型は3万円を切るものから8万円程度です。 ただしこのタイプの欠点が、集音器をポケットに入れるので、どうしても時々衣擦れ音が混ざってしまうことにあります。必要な時だけつけるのであればまだしも、日常的に補聴器が必要な人にとっては結構なストレスになってしまうでしょう。

・メガネ型

眼鏡のツルに骨伝導スピーカーを内蔵し、それを通じて音を伝えるタイプです。補聴器と眼鏡、両方の調整が必要になるのでメンテナンスに手間がかかる上、このタイプはいまやかなり衰退していて、選択肢がそれほどないのも欠点です。とはいえ、骨伝導なら外見上はただ眼鏡をかけているだけになります。それほど難聴は重くないけれども補聴器が欲しい。けれどもあんまり補聴器をつけていると気づかれたくない。そんな人には最適でしょう。

●「きこえ」で選べ!

補聴器を選ぶ際に重要なのは「きこえ」。つまりは難聴が具体的にどこまで進んでいるのかということです。どちらにしても正確な程度を知るには耳鼻科にいって検査をしてもらわなくてはいけませんが、ここでは大体の目安を紹介しておきます。
出典:[http://bonheur.jpn.com/salon/]

・軽度難聴(聴力レベル30~45dB)

ささやきや、小さな音が聞こえなくレベルの難聴です。家族に「テレビの音が大きいよ」と言われ始めたら「あれ?」と思ってもいいでしょう。

・中軽度難聴(聴力レベル 46~68dB)

普通の会話が難しくなってしまうレベルです。大きめの声で話してもらえれば会話が成立するのがこのラインまでです。

・中度難聴(聴力レベル 61~70dB)

耳元で大きな声で話してもらわないと、相手の声が聴きとれなくなるのがこの中度難聴です。こうなってくると普段の生活にも大分支障が出てきます。

・高度難聴(聴力レベル 71~90dB)

耳元の大声もほとんど聞き取れなくなるうえ、車がすぐそばに来ないと気づけないほどにまで進行すると高度難聴の第一段階です。

・高度難聴(聴力レベル 91dB~)

「ほとんどわからない」。これが多くの補聴器メーカーのホームページで、このレベルの難聴に対してされる説明です。
軽度の難聴に最も適しているのは耳穴タイプの補聴器ですが、中度難聴ならどのタイプの補聴器でも対応可能です。しかし中度難聴の比較的重症な場合や高度難聴になると耳穴タイプやメガネタイプでは対応しきれず、耳かけ式・ポケット式がメインになります。自分のきこえに合ったタイプの補聴器を選ぶようにしましょう。

●デジタル補聴器の利点

デジタル補聴器は、音声をデジタル信号に変換し、それをスピーカーからアナログ音声に戻して聴力のサポートをする機械です。従来の補聴器とは違う多くのメリットがあるので、ここではそれを紹介します。

・騒音と会話を選別してくれる

デジタル補聴器は従来のアナログ補聴器よりも、格段に音声分析能力にたけており、それによって騒音と音声を仕分けして、音声を優先的に耳に届けることができるようになりました。これにより、周囲が騒がしい状態でも音声だけを聞き取れるようになったのです。

・購入後でも簡単に音質/音量調整可能!

デジタル補聴器の最大の強みは、「買い直し」の必要がないことです。例えば使用環境の変化(住宅街から線路沿線への引っ越しなど)や、単純に聴力が低下した場合でも、お店にもっていけばその場で状況に適した設定に変更ができるのです。

・ハウリングを抑える

アナログ補聴器使用中に電話をするとおこりがちだった「ぴーぴー」という音。これをハウリングと言いますが、デジタル補聴器ではこれを抑えることできます。

いかがでしたでしょうか。少しは参考になったでしょうか。補聴器選びの際に大事なポイントをまとめると以下のようになります。
・自分のきこえを把握する。 ・見た目を選ぶのか機能を選ぶのかを決める。
ここまでを抑えたら、あとは実地検証あるのみです。いろいろな補聴器を試してみて、これならというものを選びましょう。

●おすすめ補聴器3選

前述したように補聴器選びは「人それぞれ」の部分が大きいので、おススメするのは本来ではないのですが、これなら間違いない!というものを3機種紹介しておきます。

・オムロン補聴器 イヤメイトAK-05/デジタル方式

楽天市場の補聴器部門1位の老舗メーカーオムロン社製の商品。オーダーメイドの何十万もするような補聴器とは比較にならないほど安いですが、口コミを見ると必要十分と感じている人が多いようです。これでだめならほかの商品をというエントリーモデルとしても最適です。

・femimi フェミミ ボイスモニタリングレシーバー VMR-M800-N/VMR-M800-W

楽天市場の補聴器部門4位、ポケット型では1位のこちらの商品は、音響メーカーのパイオニアが製造元です。設定や操作が簡単で、機械操作が苦手なお年寄りにも安心して使ってもらえます。

・イヤホンキャップ大小3種類/快音くん

なんと片耳1500円を切るこの快音くん。補聴器というよりは集音器といったところでしょうか。「補聴器なんて高すぎてとても買えない」「とりあえずダメもとで」という人におすすめ。