Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

ROLEXというと腕時計好きの憧れであり、「腕時計界のカローラ」と言われるほどコストパフォーマンスの高いメーカーでも有名です。全ての部品を自社工場で作っている数少ない完全マニュファクチュールメーカーであり、エアキングやエクスプローラー、デイトナなど数々の名品を世に送り出してきたROLEX。
でも正直いちから選ぶとなるとあまりにも数が多すぎて困ってしまうのも事実でしょう。しかもROLEXの正規店などに行くと見るからに敷居が高くて質問もしづらい。かと言って値段も値段なのでわけもわからず買い物はしたくないですよね。そんな人のために、ささやかではありますが、ROLEXの選び方をこっそり公開しちゃいます。

タイプの選び方


ROLEXに限らず時計選びというのは、まず自分がどんな用途で使いたいのか、あるいはどんな風に自分を魅せたいのかというところが出発点になります。
例えばパーティ会場でシャツの袖からドレッシーな時計を覗かせたいのか、海でクルージングをする時にタフな自分を演出するために付けたいのか、あるいは精密技術の結晶としての腕時計を身につけたいのかなど、人によって様々あると思います。欲張りな人はどんなところ着けて行っても大丈夫なもの、なんて目的もあるかもしれません。
ここで紹介したいのは3つのタイプです。1つ目はダイバーズウオッチ。高い防水性能と堅牢なケースが特長で、どんなところにでもついてきてくれます。ただし、ルックスが無骨なので上品なスーツにはあまり合わないのが難点です。2つ目はクロノグラフ(=ストップウオッチ)搭載モデル。本来はレーサーのための機能ですが、機械式時計でこの機能を正確性を保ったまま確立するのは至難の業です。都会的なデザインのものが多く、どんなシーンでも活躍してくれます。最後がドレスウォッチ。完全に無駄を排したデザインはため息が出るほどです。ものによってはケースが純金や純プラチナで出来ていることもあります。以下ではそれぞれのタイプで最高級のもの、最も人気があるもの、そしておすすめのものを一本ずつ紹介していきたいと思います。

ダイバーズ


★高級モデル ロレックス オイスターパーペチュアル サブマリーナデイト 116619LB

オイスターケースといえば、ロレックスが開発した堅牢なケースの呼称です。パーペチュアルというのは自動巻きを意味しますが、この機構ははじめにロレックスが開発したもので、半月型のローターが腕の振りに合わせて廻り、ゼンマイを巻いて歯車を動かすというメカニズムです。サブマリーナといえばロレックスのダイバーの代名詞の1本で、とくにこのモデルは材質がホワイトゴールドで出来ているので、ラグジュアリー感たっぷりです。デザインが簡素だからこそ、ロレックスの丁寧なモノづくりが光る一品です。価格は実勢で280万円ほど。

★人気モデル ロレックス サブマリーナデイト 116610LN

同じサブマリーナシリーズから、ステンレスモデルのブラックカラーのご紹介です。今ロレックスのダイバーの中ではダントツの人気を誇るその秘密は、やはり定番のブラックカラーだからでしょうか。赤と青のマルチカラーやグリーンなどオシャレなカラーリングもロレックスの得意分野なのですが、光を呑み込むようなサブマリーナの黒は見るものを吸い寄せる魅力があります。価格は実勢で80万円ほど。

★おススメモデル シードゥエラー ディープシー 116660

3900m防水というもはや理解不能のオーバースペックを誇るのがこのシードゥエラー ディープシー。その破天荒ぶりも魅力ながら、深い海の色を表すカラーリングが何とも上品で物欲をそそります。価格は実勢で148万円。

クロノグラフ


★高級モデル  ROLEX ロレックス デイトナ 116506A アイスブルー

こちらはバイクレースとタイアップして売り出したところ、爆発的な人気を誇り、いまなお圧倒的な指示を受けるロレックスのクロノグラフモデル「デイトナ」のプラチナケース、プラチナブレスレットのモデルです。クロノメーターという世界でもその正確さを認められた機械式時計にしか与えられない認定を受けたクロノグラフは、人類の英知の結晶と言えるでしょう。実勢価格は698万円。

★人気モデル 116520 デイトナ 自動巻き (ブラック)

そのデイトナのステンレスモデルがこちら。先ほどとは打って変わって無骨な出で立ちで、時計好き、機械好きの心をくすぐります。ロレックスはその人気の高さゆえに派手なイメージを持たれがちですが、サブマリーナと同様、こういった無骨な時計を作らせても世界トップクラスのメーカーなのです。実勢価格はやや高めの130万円。

★おススメモデル 116509 デイトナ 自動巻き ローマン メテオライト(ホワイト)

おススメというのもあるんですが、こんな腕時計もあるんですよ、という意味で紹介したのがこのデイトナメテオライト。この時計の文字盤はなんと隕石を使ってあります。実勢価格は300万円ほど。一本目のロレックスにしては難しいですが、普通の時計じゃ物足りない人にはもってこいです。

ドレスウォッチ