Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

歩行器とは?

年をとると足腰が弱くなり、歩行が困難になります。こうした高齢者の歩行を手助けしたり、歩行のリハビリに使用されるのが、介護用の歩行器です。
歩行器(歩行補助具)を使えば、高齢者は楽に、安全に移動することができます。自分で歩くことができれば、自立した生活ができ、また寝たきりになるリスクを低減したり、歩行機能や体力が衰えるのを防ぐことができます。
歩行器はただ歩くのを補助するだけでなく、高齢者の生活全体を支える大切なアイテムです。 ただし、一口に歩行器と言っても様々な種類があります。歩行器は高齢者の歩行の状態や使用頻度、使用する状況を考えてながら個々に合わせて選ぶ必要があります。
歩行器選びの極意をきちんと知っておくことが重要です。

出典:www.muratakagu.co.jp

歩行器の種類

歩行器にはいくつか種類があります。種類によって使用する目的や場所、使用者の状況が異なるので、状況に合わせてチョイスしましょう。

リハビリ用歩行器の種類

歩行器はリハビリ用の歩行器シルバーカーにざっくりと分けることができます。 リハビリ用の歩行器は、自宅や病院、リハビリ施設などの室内で主に使用する目的で設計されています。そして、このリハビリ用(室内用)歩行器は4 種類に分けることができます。

キャスター付き歩行器

キャスター付き歩行器歩行車とも呼ばれており、歩行器の中で最もスムーズに、かつ小さな力で動かすことができるのが特徴です。初期のリハビリや、筋力が弱っている人が使用することが多いのがこのタイプです。
キャスターがついているので、平らな所では非常にスムーズに歩行できますが、段差や凸凹、狭い場所での移動には適しません。

出典:www.oasisnavi.com

固定型歩行器

固定型歩行器はフレーム全体が固定されたもので、歩行器を両手で持ち上げ、少しずつ前に異動させながら前進するタイプです。体をねじったり、曲げたりできない場合や、ギブスなどで下肢を固定している場合に適しています。
しっかりと固定されているので安全性が高いのがメリットですが、歩行の際にはある程度上半身の筋力が必要。上半身の筋力が弱っている人、直立状態でバランスがとりにくい人が使うのは困難です。

出典:bestchoice.jp

交互歩行型歩行器

交互歩行型の歩行器は、固定型に似た形をしていますがフレームの一部が左右に分断されており、左右のフレームを交互に動かすことができます。左右のフレームを片手で持ち上げ、交互に前に出しながら前進するタイプです。通常の歩行に近い形で歩けるのが特徴。
安定感があり、かつうまく使えばスムーズな歩行が可能です。ただ、全身のバランスを取る必要があるため、身体がスムーズに動かせない、全身バランスが悪い場合は適しません。

出典:store.ponparemall.com

前輪付歩行器

前輪付歩行器は、固定型の前の支柱にキャスターを付けたもの。歩行の際には前輪を滑らせ、歩行器後方を少しだけ持ち上げて進みます。
上半身の筋力が弱くても使用できるのが特徴で、固定型の安定感とキャスター付き歩行器のいいところを合わせたタイプです。

出典:www.amazon.co.jp

シルバーカーの種類

シルバーカーは高齢者の散歩や買い物など、屋外で使用することを考えて設計されたものです。高齢者の長時間の歩行を支え、荷物などによる負荷を低減し、休息がとりやすいように工夫されているのがシルバーカーの特徴です。
シルバーカーはリハビリ用の歩行器とは違い、外出時に便利なかごや機能が付随しているので、必要な機能を考慮しながら選びましょう。

標準型シルバーカー

標準型シルバーカーは、最もスタンダードな形態で、前面にかごがついており、そのかごが座面になるものです。座面に座って休憩することができ、またかごに荷物を入れて運ぶことができます。

出典:www.tacaof.co.jp

ステッキ型シルバーカー

ステッキ型シルバーカーは、ステッキのように片手で扱うことができるタイプです。ステッキに土台やキャスターが付いたものや、カバンを掛けることができるもの、座面を折りたたんで収納することができるもの等、様々なものがあります。
シルバーカーの中では最も軽量で持ち運びしやすいのも特徴。軽度の歩行障害や長時間の歩行の補助、車での外出時などに役立つ形態です。

出典:item.rakuten.co.jp

ひじ置き型シルバーカー

ひじ置き型シルバーカーは、歩行器に肘をつき、寄りかかりながら歩行ができるものです。安定性が高く、身体をしっかりと支えてくれます。膝や腰などの疾患で、真っ直ぐに立てない、全身のバランスがとりにくいという場合に適しています。
ただ、折り畳みができないものが多く、バッグやかご等がないあるいは小さいものが中心なので、荷物を運ぶのには適しません。

出典:www.hukusi-orosi.jp

ショッピングカー

ショッピングカーは主に買い物を想定して作られています。かごが大きいものやバッグの取り付けが可能なものが多く、車輪を大きくするなど、荷物を運びやすいように考えられています。
ただ、買い物を目的としているので、休息用の座面がないもの、大型のものが多く、長時間の歩行や散歩には向いていません。

出典:www.tcmart.jp

歩行器やシルバーカーには種類があり、機能や特性にも違いがあるので、使用頻度や使用するシチュエーションをしっかりと考えて選びましょう。

歩行器選びのポイント

室内と屋外の違いに注意

歩行器を選ぶ際には、身体に合ったものを選ぶことが大事です。
まず、リハビリ用の歩行器を選ぶ際には直立した姿勢でしっかりと体が維持できるものを選びます。 これに対して屋外で使用するシルバーカーは、やや前傾姿勢になります。
これは室内では正しい姿勢を維持することで、歩行機能の低下を防ぐまたは回復させる目的を重視し、屋外ではできるだけ身体にかかる負担を減らし、スムーズに歩行や日常生活を送ることに特化しているためです。

身体に合った歩行器の選び方

リハビリ用歩行器と姿勢

リハビリ用の歩行器はとにかく正しい姿勢で歩けるものを探すのが基本です。腕を伸ばした状態で身体を真っ直ぐに支持できるものを選びます。前傾姿勢にならないものを選ぶのが基本です。
ただし、肘をつかないと身体が支えられない場合は、肘をついた状態で安定するものを選びます。

シルバーカーと姿勢

シルバーカーややひじを曲げた状態でわずかに前傾姿勢を維持できるものを選びます。取っ手の長さなどを調節できるものは、個々の体格に合わせられるので安心。長身の人はかなり前かがみにならないと押せないものもあるので、高さには注意しておきましょう。
また、歩くときにかごにつま先が当たらないものであることも重要なポイントです。

シルバーカーの車輪

シルバーカーにはキャスター(車輪)がついていますが、この車輪によって走行性はかなり変わってきます。
前に1個、後ろに2個という車輪配置の場合は、小さな段差や凸凹、石畳などに強く、前に2個、後ろに2個のものは舗装された道路やコンクリートの路面で安定して押すことができます。

シルバーカーの使用が危険な人

屋外でのシルバーカーの利用は、ある程度歩行機能がないと危険です。シルバーカーは歩行を助けるものではありますが、重度の機能障害がある場合は外出時は特に車いすを使用しましょう。
片側や手指に麻痺がある人・ハンドルやブレーキの操作をうまくできない人・足の力が弱く自立できない人・痴呆など判断能力に障害がある人は屋外でのシルバーカーの使用は危険です。

出典:nursing-care.org

歩行器やシルバーカーは便利なものですが、選び方を間違うとかえって不便になったり、危険だったりするので、身体の状態や使用するシチュエーションをしっかりと考え、自分に合ったものを選ぶ様にしましょう。