Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

チャイルドシートをしっかり選ぶには

子供の安全を守るために必要なチャイルドシート。日本では法律で着用が義務化されていますが、この法律きちんと理解していますか? チャイルドシートを選ぶ前にまず、チャイルドシート着用の基本をおさらいしておきましょう。

チャイルドシートと法律

チャイルドシートの着用を義務付けているのは道路交通法です。
「自動車の運転者は、幼児用補助装置(いわゆるチャイルドシート)を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない(道交法第71条の3第4項)」
現在の道路交通法ではこのように定められており、これに違反した場合には違反点数として1点が記録されますが、反則金はありません。

チャイルドシート着用が免除になるケース

法律で6歳未満のチャイルドシートの着用は義務化されていますが、疾病が原因でチャイルドシートに乗せられない場合や、車に幼児の人数分のチャイルドシートの取り付けが困難な場合にはチャイルドシートなしでも違反とはなりません。
バスやタクシーなどを利用する場合も同様です。
ただ、チャイルドシートの着用が免除となるのは、あくまでも例外です。

ジュニアシートの推奨

チャイルドシートの着用義務は6歳未満児ですが、10~12歳くらいまではジュニアシートの着用が推奨されています。
これは一般的な自動車のシートベルトが、身長140cm以上を対象として設計されているため。これに満たない小児がシートベルトをしても、事故の際にしっかりと保護できない可能性があるため、小学校高学年くらいまではジュニアシートを着用した方がよいと言われています。
これはあくまでも推奨基準のため罰則はありません。

出典:www.amazon.co.jp

チャイルドシートの選び方

年齢・成長に合わせたチャイルドシートを選ぶ

チャイルドシートにはそれぞれ対象年齢が決められているので、まずはこれを基準にしましょう。
チャイルドシートは主に、「新生児用」「幼児用」「学童用」の3つの段階に分けられます。また、「乳児・幼児兼用」「幼児・学童兼用」「乳児・幼児・学童兼用」と成長を通して長く使えるものもあります。

チャイルドシートと体重

チャイルドシートには、年齢の他に適応体重が記載されているものがあります。
乳児用のものは13kg未満、幼児用は9~18kgなど、指定されているので、この体重も参考に子供の体格に合ったものを選びましょう。
子供の体格は個人差が大きく、特に赤ちゃんの首・腰座りには差があります。腰が座っていても、体格が小さな子だと幼児用のシートはまだ早いというケースもあるので注意しておきましょう。

新生児・乳児用チャイルドシート

新生児用のチャイルドシートは、産まれてすぐに使用できるもので、一般的に車の進行方向に対して、後ろ向きに設置します。
首や腰が座っていない赤ちゃんを対象としているので、シートを寝かせて使用します。シートがクッション等でしっかりと保護されており、赤ちゃんを固定するベルトも3点~5点方式でしかりと固定できるようになっています。
ただ、寝かせて使用するため若干場所を取ります。 後ろ向きに設置するものは、事故時にエアバッグの衝撃を大きく受けるため、助手席に設置することはできません

出典:www.amazon.co.jp

幼児用チャイルドシート

幼児用チャイルドシートは、腰が座り、一人でお座りができる時期~4歳くらいまでを対象としたものです。一般的には6~7カ月以降に使用できます。
新生児・乳児用のチャイルドシートとは違い、前向きに設置するものが主流です。シートについているベル(ハーネス)で体を固定します。前向きに設置することで、赤ちゃんが外の景色を見やすくなります。

出典:www.amazon.co.jp

学童用チャイルドシート

学童用のチャイルドシートは4歳以上を対象としています。
乳児・幼児用のチャイルドシートと違い、体を固定するのではなく、シートベルトを正しく着用するために、足りない身長を補うというのが主な目的。学童用のチャイルドシートにはベルトがついておらず、車のシートベルトで体を固定するというタイプがほとんどです。 背もたれがあるもの、ないものがありますが、頭部の保護を考えると背もたれはあった方が安全です。

出典:www.amazon.co.jp

兼用タイプの特徴

「乳児・幼児兼用」「幼児・学童兼用」「乳児・幼児・学童兼用」という兼用タイプは、長く使うことができますが、その分大型のものが多いのが特徴です。
兼用タイプは成長に合わせてパーツをつけ外しして使用しますが、その分大型化してしまう傾向にあるので、軽自動車等では設置しにくいケースがあります
また、長く使えるのでコストパフォーマンスはいいのですが、汚れやパーツの劣化が気になることも

出典:www.amazon.co.jp

ライフスタイルに合わせて選ぶ

チャイルドシートを選ぶ際に、重要になるのが「ライフスタイル」です。チャイルドシートは子供の成長に合わせて買い替えが必要となるので、そのタイミングも考えておきましょう。
また、チャイルドシートは決して安いものではないので、使用頻度も考慮し、コストパフォーマンスもきちんと見ておきたいですね。

乳幼児期の外出頻度

乳幼児期の車での外出頻度は家庭によって大きく違います。車を頻繁に使ってお出かけする家庭ではしっかりと新生児・乳児用のチャイルドシートが必要になりますが、新生児~6カ月くらいまではほとんどお出かけしない、という家庭は無駄になってしまうかも。
都市部に居住しており、移動に公共交通機関を利用することが多いお出かけは休日だけという場合には、レンタルで済ませる、というのも一つの手です。
乳児用のチャイルドシートは場所も取りますし、使う時期が限られていますので、車での外出頻度はきちんと考えておいた方がいいでしょう。

兄弟・姉妹で利用したい!

兄弟や姉妹がおり、複数のチャイルドシートが必要な場合には、乳児用・幼児用・学童用と段階ごとに買い替えて、おさがりを用意するのがベスト。特に、乳児・幼児兼用のものはサイズが大きくなりがちで、車に複数設置すると窮屈になっていまします。
コストがかかる気がしますが、一般的に兼用タイプのシートは価格が高めなので、全体を通して見ると買い替えのコストはさほど問題にはなりません
兄弟の年の差なども考えて、無駄が出ないようにすることが大事です。

出典:www.amazon.co.jp

車が複数台ある時は?

家に車が複数台ある場合や、祖父母などの車で外出する機会が多い場合はチャイルドシートの取り外し・設置が楽なものを選ぶのがコツ。
チャイルドシートは製品によって設置の仕方が異なり、一度固定すると取り外すのが面倒なものもあります。チャイルドシートの付け替えが多い家庭では、このシートの設置の仕方も重要なポイントになります。

チャイルドシートを選ぶ際の注意

安全基準を満たしているか

チャイルドシートを設置するのは、車の走行中に子供の安全を守るためです。だから、安全でないチャイルドシートでは何の意味もありません。
日本では国土交通省が安全基準を審査し、適合したものには型式指定・型式認定マークがつけられています。2012年以降の製品は国際基準で審査されており、より安全性が高くなっているので、このマークがあるものを選ぶのが鉄則です。

出典:www.mlit.go.jp

車の車種を考慮する

チャイルドシートは製品によって設置方法や大きさが大きく異なります。車種によって設置ができないチャイルドシートもあるので必ず車種・車の大きさに合わせて選ぶ様にしましょう。
特に注意しておきたいのが軽自動車。 後部座席の空間が狭かったり、ベルトの位置が低いと設置できないシートがあるので注意しておきましょう。購入する前に車種に適合するかどうか確認しておかないと失敗することになります。

チャイルドシートの正しい設置法

チャイルドシートは正しく取りつけないと事故の際に子供の安全を守ることができません。 正しい取り付け方、知っていますか?

車のどこにつける?

チャイルドシートを設置する際、最も安全なのが後部座席の中央です。これは、前面および横からの衝撃を最も受けにくい場所だからです。
ミニバンなど大きな車の場合も、車の中心部に近い位置に取りつけるのが基本です。
ただし、車の車種やシートベルトのタイプによっては後部座席の中央への取り付けが難しいケースもあります。
この場合は、助手席または運転席の後ろにつけます。助手席後部・運転席後部は安全性にはほとんど差はありませんが、路上に駐車した際に歩道側に来る助手席後部に設置した方が便利。

助手席は厳禁!

運転中に赤ちゃんの様子が見やすい、助手席の方が広いという理由で助手席にチャイルドシートを設置している人がいますが、これは大変危険です。エアバッグの衝撃でかえってけがをすることもありますし、助手席は事故の際に最もダメージを受けやすい場所なので絶対に助手席にはチャイルドシートを設置してはいけません。

シートベルトはたるまないように!

チャイルドシートは、車のシートベルトを使って座席に固定するものが一般的です。 そのため、設置の際にはシートベルトがたるまないように、しっかりと確認しておきましょう。
シートベルトがたるんでいると、シートがずれてしまい、子供が危険です。
乳児用のチャイルドシートの場合は、金具・留め具などでシートベルトを調整し、固定するものも多いので、設置方法はきちんと確認しておきましょう。

出典:ja.aliexpress.com

チャイルドシートは子供の安全を守り、快適なドライブにするためには必要不可欠なもの。使用頻度コストパフォーマンス、そして安全性をしっかりと考えて選びたいですね。