Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

子供の歯ブラシ選びは難しい

歯ブラシをきちんと選ばなければならない理由

虫歯を防ぐために欠かせない生活習慣である歯磨き。特に子供のころにきちんとした歯磨きの習慣をつけてやることは非常に重要です。
でも、ここで問題になるのが「歯ブラシの選び方」。これを間違ってしまうと歯がキレイに磨けず、虫歯リスクが高まって歯磨きの意義が半減してしまいます。
特に子供は歯がしっかりと磨けているかどうか自己判断ができないので、親がきちんと歯が磨けるものを選んでやらなければなりません。

出典:dental.feed.jp

子供用歯ブラシを買う前に

子供用の歯ブラシを買う前にまず考えておくべきなのが子供の年齢と歯の生え具合。一般的に乳歯は生後6カ月前後で生え始めると言われますが、個人差が大きいので、歯磨きを始めるタイミングは人によって異なってきます。
まず初めは、親が子供の歯を磨き、徐々に子供の歯磨き+仕上げ磨きへと移行しますが、乳児の歯ブラシ子供用歯ブラシ仕上げ磨き用歯ブラシはそれぞれ選び方が異なります。
そのため、まずは子供の年齢と歯の生え方、歯磨きの仕方を考慮する必要があるのです。

乳児の歯磨き

乳児用の歯ブラシは生え始めの乳歯を虫歯にならないようにすることだけでなく、口の中の違和感に慣れ、歯磨きを習慣にすることも目的としています。
乳児の歯磨きは、通常の歯ブラシ以外に、指サック型のものを利用する、ガーゼで代用するといった形でもOKです。

幼児の歯磨き

子供が自分で歯ブラシを持てるようになったら、子供用の歯ブラシを与えます。一般的には1歳前後くらいから自分で歯ブラシを口に持って行くようになりますが、焦らず子供の様子を見ながら進めていくのが基本です。
といっても、この頃の「自分磨き」は遊びと同じ。自分磨きが終わったら親がきちんと「仕上げ磨き」をしてあげましょう。自分磨きと仕上げ磨きは同じ歯ブラシを使用することもありますが、子供の「マイ歯ブラシ」「仕上げ磨き用の歯ブラシ」は別にあった方が便利です。

出典:www.amazon.co.jp

幼児~小学生の子供歯ブラシの選び方

まずは歯ブラシの対象年齢をチェック

市販の子供用歯ブラシには対象年齢が表示されています。1歳~、幼稚園児用、小学生用など、表記の仕方には違いがありますが、まずはこの対象年齢と子供の年齢が合っているかどうかを確認しましょう。
子供用歯ブラシは、対象年齢によってヘッドの大きさや毛の固さ、事故防止の工夫などに違いがあります。対象年齢のズレた歯ブラシを使用するとしっかりと磨けず、歯や歯茎を傷つけてしまうこともあるので注意しておきましょう。
一般的には対象年齢が低いほどヘッドは小さくなります

毛の硬さをチェック

子供用の歯ブラシを選ぶ際に注意しておきたいのが「毛の硬さ」
毛が硬い歯ブラシは歯のエナメル質を傷つけてしまいやすいので、歯ブラシの毛は柔らかめのものを選ぶのが鉄則です。
毛の柔らかい歯ブラシではしっかりと磨けないような気がするという人もいますが、毛が硬い歯ブラシでごしごしするのは歯や歯茎を傷つけてしまうので避けましょう。

毛の長さをチェック

ヘッドの大きさや毛の硬さは多くの人が気にする項目ですが、もう一つ気を付けておきたいのが「毛の長さ」。これは見落としている人が多い点です。
歯ブラシの毛が短いとヘッドが歯や歯茎に当たって傷ついたり、毛が歯の隙間の奥までしっかりと入らずに磨き残しができてしまいます。
そのため、子供用の歯ブラシはある程度毛が長いものを選ぶのが基本。ただ、歯ブラシの毛が長すぎる場合や、毛にコシがない歯磨きは磨きにくくなるので要注意。

出典:www.amazon.co.jp

仕上げ磨き用歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシを選ぶ際に実は重要なのが、仕上げ磨き用の歯ブラシ。仕上げ磨きがきちんとできないと虫歯のリスクが高まるため、しっかりと選んでいきましょう。

基本は子供用歯ブラシの選び方と同じ

仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方は、基本的には子供用の歯ブラシの選び方と一緒。 年齢や成長の程度に合わせてヘッドの大きさを選び、毛が柔らかめで、短すぎないものを選びます。
ただ、仕上げ磨き用の歯ブラシの場合、ヘッドの大きさは少し小さめの方が隅々まで磨けます。

出典:www.amazon.co.jp

注意すべきは毛の硬さ

仕上げ磨き用の歯ブラシを選ぶ際に最も注意しておきたいのが「毛の硬さ」。
毛が硬い歯ブラシで仕上げ磨きをすると子供が痛がったり、歯茎を傷めて出血することもあるので、必ず柔らかめのものを選びます。
毛が柔らかいと手ごたえが弱く、しっかり磨けていないように感じることもありますが、小刻みに歯ブラシを往復させれば大丈夫。仕上げ磨きは時間をかけて丁寧にしてあげるのが基本なので、柔らかめの歯ブラシでじっくり磨きましょう

仕上げ磨きはいつまで?

子供は自分ではしっかりと歯が磨けないため、仕上げ磨きが不可欠ですが、この仕上げ磨きいつまで必要なんでしょうか?
一般的に子供が一人で十分に歯が磨けるようになるのは10歳前後と言われていますので、できればそれまでは親が仕上げ磨きをしてやりましょう。
ただし、10歳になったから、仕上げ磨きをやめていいというわけではありません。きちんと自分で歯が磨けるようになったら、これが仕上げ磨き卒業の条件です。
歯がきちんと磨けているかは、歯磨き後に「カラーテスター」を使用すればきちんとわかります。カラーテスターは歯の歯垢や汚れに付着する薬剤で市販されています。歯科医などで歯磨きの仕方を見てもらい、指導してもらってもいいですね。

出典:www.amazon.co.jp

子供用歯ブラシを選ぶ際の注意点

事故防止がしてあるかチェック

赤ちゃん用の歯ブラシを選ぶ際には、事故防止がしてあるかどうかもチェックしましょう。 一般的な歯ブラシのように一直線になっているものは、喉を吐く可能性があり危険なので要注意。
最近は、歯ブラシでの喉つき事故の報告を受けて、歯みがき中の事故を防ぐ乳歯ブラシ専用カバーも販売されています。赤ちゃんに歯ブラシを持たせる際には絶対に目を離さないようにしましょう。

キャラクターものを選ぶ際の注意

子供用の歯ブラシには、キャラクターが描かれているものが数多くあります。子供たち自身に歯ブラシを選ばせると、このキャラクターを重視して選ぶことがほとんど。 子供が気に入ったものを選ぶことで、積極的に歯磨きをするようになるという点ではこれは非常にいいことです。
しかし、キャラクターがついているだけで、質が悪い歯ブラシも当然あります。
キャラクターものの歯ブラシを選ぶ際にも、必ず歯ブラシ自体のヘッドの大きさや毛の硬さなどを考慮し、しっかり磨けるものを選んでやりましょう。

子供用歯ブラシの交換時期

歯ブラシの交換時期は個人差が大きく、また選ぶ歯ブラシによっても異なってきます。
基本的には、歯ブラシの毛先が開いたら交換の目安。ヘッドを裏から見て、サイドからけが飛び出して見えたら、交換するようにしましょう。
毛先の開いた歯ブラシではうまく歯を磨くことはできません。
また、3歳くらいまでの子供は、ヘッドを噛んでしまうことが多く、歯ブラシの傷みも早くなりますので小まめに見てやりましょう。
この時期の歯磨きは、仕上げ磨きが中心となっているので、仕上げ磨き用歯磨きがきちんとしたものであれば、子供のマイ歯ブラシにはそれほど神経質になる必要はありません。
ただし、毛が開いた傷んだ歯ブラシだと口の中が傷ついてしまうこともあるので要注意。歯ブラシがすぐに痛む場合は、質よりも交換頻度を重視。安いもので構わないので、傷んだら交換するようにしましょう。

出典:www.amazon.co.jp

子供用の歯ブラシは大人とは選び方が少し異なりますので注意して選ぶようにしましょう。