Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

出典:appmax.jp

ガラパゴス携帯からスマホにかわってから随分普及率も上がりましたよね。もうスマホを持っていない人の方が圧倒的に少ないほどです。 数年ぶりに買い替えで現在のスマホの機能性が解らないと言う人もいるでしょう。求めるのはカメラ?容量?ビデオ?音楽?必要な機能によって選ぶスマホは変わってきます。今回は色々な角度からスマホを選ぶ方法をご紹介したいと思います。

スマホ選び―基本編―

出典:激安腕時計.com

スマホを買い替える際にまず選ぶのが、どこのキャリアを利用するかです。 基本的にはau・ドコモ・ソフトバンクの三社がメインになってきます。スマホ本体や月額料金に違いはあまりないのですが、キャリアによって受けられるサービスが変わってきます。 また取り扱っている機種も違ってくるので、自分がもっとも重要視するポイントを押さえた機種を取り扱っているキャリアを選ぶ必要があります。

通信費で選ぶ

出典:www.tabroid.jp

各キャリアで本来通信費に大きなさはありません。では、実際いくらくらいになるものでしょうか。プランによっても違ってくるのですが、通話し放題、ネット定額という基礎サービスでどのキャリアも大体7000円です。ただし、Y!mobileは上記の三社とは別で抑えれば月4000円未満に抑える事が出来ます。

画面サイズを選ぶ

出典:allabout.co.jp

スマホにはいくつかの画面サイズがあります。

現状販売されているスマホのサイズ
  • 4インチ 例 iPhone 5s
  • 5インチ 例 Xperia Z
  • 6インチ 例 Xperia Z Ultra
  • 7インチ 例 GALAXY Tab
以上が主に使われているスマホの画面サイズです。これ以上になるとスマホではなくタブレットとしての端末になってきます。もしこれより大きい方が良い場合はスマホではなくタブレット端末で探した方がいいです。またサイズによって重さや機能性が変化してくるので、利用環境を考慮した上で選びましょう。
余談ですが……
一般的には4から5インチまでが持ちやすく、使いやすいと言われています。6インチ以降になると片手で操作するのが難しく、不便だと思う人もいるようです。

スマホ選び―機能編―

出典:www.oshiete-kun.net

基本編でスマホの基礎的な選び方をご紹介しました。希望する型が決まったら、今度は機能面です。スマホにはカメラや防水機能、テザリングなど様々な機能が備わっています。写真をよく撮る人はカメラ機能の充実したものを選ぶ必要がありますし、湿気の多いところによく行く人は防水機能のある物を選ばなければなりません。現在出ているスマホはほとんどその使用ではありますが、抜け目ないようチェックしてきましょう。

iPhoneかスマホを選ぶ

出典:marthanew.com

端末として は大まかに分けるとiPhoneかスマホの二種類があります。apple社が作っているか、それ以外のメーカーが出しているか、という違いです。機能面では iPhoneは操作性に優れ、その他のapple製品との連携が取りやすいのが強みです。その反面防水や耐衝撃はスマホには劣る部分があります。スマホの方はメーカーにもよりけりですが基本防水、耐衝撃仕様となっています。またカメラもデジタルカメラ並の画質で使えるものもあります。どちらかが極端に優れているという事もなく、自身の用途に合う方を選ぶとよいでしょう。

バッテリーで選ぶ

出典:www.elecom.co.jp

バッテリーの持続時間は使用環境次第ですが、端末によっても意外と差が出る物です。様々な機能がある半面バッテリーの持ちが悪かったり、逆にシンプルな機能しかないが他種よりも持ちが長いものもあります。携帯用のバッテリーを別に持つのであれば気にする必要はありませんが、もし端末自体のバッテリーも気にされるのであれば、選ぶ際に意識を向けておいた方が良いでしょう。

スマホを選ぶ際に意識しておいてほしいこと

出典:matome.naver.jp

スマホは毎年各メーカーから春・夏・冬の三シーズンごとに新機種が発売されます。その都度デザインや機能性、何かしらの改良が加えられて登場するのです。しかしスマホはどのキャリアを利用しても原則二年契約となります。その為、その時の最新機種を選んでも半年後には新たな端末が登場するのです。今現状で必要な機能性で選ぶのは勿論です。是非、購入される際は二年後まで考えても使っていけるかどうかを考慮して、自分にぴったりのスマホを探してみてください。