Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

"#「体型別・顔色別ウェディングドレスの選び方7つのコツ、ベストドレスはネットで買えるか?」
女性が人生で一番輝くのは、結婚式です。だれもがお姫様になれる日ですが、ドレスの選び方によっては、ガッカリすることもあります。ウェディングの記憶は一生残りますから、自分を一番きれいに見せてくれるドレスを選びたいですね。 今回は、体型別・顔色別のおすすめウェディングドレスをあげてみました。すべてのドレス画像は基本的にネットで購入ができるものです。ドレス選びの参考にしてくださいね。

1.体型別ウェディングドレスデザイン選び方

背の高いふっくらさん用

ドレス画像:

出典:item.rakuten.co.jp

ショップ名:LandyBridal http://www.rakuten.ne.jp/gold/landybridal/

背が高くてふっくらしていると、ドレスを着てもボリュームが出すぎるのが悩みです。せっかくの長身を生かしたいなら、デザインはすっきりしたAラインやエンパイアがおすすめ。
Aラインはすそ広がりで、下半身が目立たなくなります。さらにVネックで襟ぐり深めにすると、首が長く見え、デコルテや肩まわりが華奢になるというメリットも。
エンパイアラインはウエストの上で切り替えがある、ストレートなタイプのドレスです。お腹周りが気になる人でも楽々ですよ。
どちらのデザインも、胸元や袖、ウエストはゆったりさせておきましょう。タイトにするとかえって体型が目立ちます。

「ネットでウェディングドレスを買うメリットって?」

ネットでウェディングドレスを購入するメリットは、24時間いつでも買えること。仕事が終わった夜に、ゆっくりとドレスを選べます。
最近のネットドレスショップは種類も素材も豊富です。かなりの確率で、自分の欲しいデザインが見つかります。体形に合わせて「これだ」というデザインが決まっているなら、それほど失敗はしませんよ。
レンタルよりもネットで買った方が節約になるという、ちゃっかりしたご意見もあります。海外挙式で帰国後に披露宴があるなど、ドレスを着る機会が1回以上あるならそうかもしれません。ネットで買うウェディングドレスは比較的リーズナブルですしね。

背の低いふっくらさん用

ドレス画像:

出典:item.rakuten.co.jp

ショップ名:Annan http://www.annan.co.jp/
背の低いふっくらさんは、下半身で悩みますね。日本女性は遺伝的に言っても、下半身が太りやすいと言われています。背を高く見せて、なおかつほっそりしたラインのドレスが欲しいですね。
小さめでふっくらしている人にはプリンセスタイプがおすすめ。上半身はややタイトになりますが、ウエストから下はパニエでふんわりさせます。できるだけ上半身に視線を集めたいので、胸元をリボンや花でデコラティブにかざります。
ウエストが気になる人は、セパレートタイプにすれば、なおいいですよ。

「ネットでウェディングドレスを買う時の注意点は?」

いまや何でもネットで買える時代です。ウェディングドレスも扱っているネットショップが増え、選択の幅が広がってきました。しかし、ネットでドレスを選ぶときにはちょっとした注意点があります。それは、現品を見ること。
どのネットドレスショップでもサイズとデザインはほぼ希望通りにそろいます。イメージ通りにいかないのは、色と素材感。とくに素材感は感覚の問題です。オーガンジーの空気の含み方やサテン生地の照り具合などは、自分で見て触って確かめるのが一番ですね。
早めにドレスをみておけば、カラー違いは交換できますし、素材がイメージと違ったら返品することも可能です。ネットでウェディングドレスを買う時には「とにかく早く現品を見る」を第一にしましょう。

背の高いほっそりさん用

ドレス画像:

出典:www.chocolat-couture.jp

ショップ名:ショコラクチュール http://www.chocolat-couture.jp/

背の高いほっそりさんは、ドレスが似合う体型です。欠点をカバーすると言うより、よりきれいに見えるドレスを選ぶことに集中しましょう。
ほっそりしている人にはスレンダータイプがおすすめです。タイトなドレスでボディラインを強調します。ちょっと大胆なデザインでも、きれいにおさまるので心配いりません。
膝からゆるく広がるマーメイドタイプは、まさに背の高いほっそりさん用のドレスです。くびれを強調して、大人の色気をめざしてください。新郎と身長差がある場合は、ヘアスタイルをアップにせず、マリアベールを低めの位置につけるなどの工夫があるといいですよ。

「実店舗あり、自宅試着ありならネットでも安心」

最近のネットドレスショップはクオリティもあがっているらしいから、選択肢に入れたいけれど、さすがにネットで買うのはためらっちゃう。 だったら、実店舗があるお店を探しましょう。販売はネット主体でも、ショールームとして実店舗を持っているショップがけっこうあるんです。
たとえばKUROYA SHOP。ここは愛知県に実店舗があり、気になるドレスを試着したあと自宅でじっくり検討、ネット購入ができます。愛知県まではいけないと言う人には、自宅へサンプルドレスを送ってくれるのでとっても便利です。2日間のレンタル中に、素材や色、イメージの確認ができます。 郵送試着可のドレス画像  

出典:www.kuroyashop.jp

ショップ名:KUROYASHOP http://www.kuroyashop.jp/

エニ―ブライダルは東京と大阪に実店舗あり。郵送試着にも対応していますよ。 ドレス画像:

出典:www.anniebridal.com

ショップ名:Annie Bridal http://www.anniebridal.com/try-on/yuso/index.html

背の低いほっそりさん用

ドレス画像:

出典:www.atelier-ange.com

ショップ名:アトリエアン http://www.atelier-ange.com/

小柄な女性はドレス選びでも困ります。どうしてもボリュームのあるドレスは、むずかしい。しかし小柄であると言うことは、かわいらしさが引き立つと言うことでもあります。この利点を生かして、妖精のような繊細なドレスを選びましょう。
小柄ほっそりさんにおすすめなのは、エンパイアラインです。切り替えがハイウエストにあり、そこからまっすぐにドレスが落ちているドレスです。縦ラインを強調することによって、背を高く見せる効果があります。短いパフスリーブにすると、とてもかわいらしい、可憐な印象に仕上がります。
トレーンも引けば、さらに背が高く見えます。

「ほっそりさんは下着で勝負」

ドレスは胸で着る、と言われ、きれいなバストがあれば、それだけでドレスラインはしっかり決まります。しかし、そうでないひともたくさんいるわけです(笑)。
ほっそりさんが結婚式に向けてエステやマッサージなどでバストアップを目指すのは悪くありませんが、間に合わないことだってあります。だったら最初から、きちんとバストメイクをしてくれるインナーを購入しておきましょう。
ブライダルブルームはブライダルインナー専門のネットショップです。ビスチェやガードル、フレアパンツなどがそろいます。マタニティインナーも扱っているので、授かり婚の方には嬉しい味方です。ドレスごとに必要なアイテムだけが買え、無駄がありません。 画像:

出典:www.bridal-bloom.jp

ショップ名:ブライダルブルーム  http://www.bridal-bloom.jp/

2.顔色別ドレスカラーの選び方

血色がいいりんごほっぺさん用

ドレス画像:

出典:the-weddingdress.jp

ショップ名:ハニサクル http://www.honeysuckle.co.jp/index.html

ウェディングドレスはカラーも大事な要素です。自分の肌色にあったカラーを選ぶと、印象がまったく違います。できれば早めに購入して、リハーサルメイクのときには持参するといいですね。
血色がいいひとは健康的で生き生きしているところが魅力です。しかし赤みが強いのが、悩みの種。おすすめは、パステルカラーですね。ベビーピンクやラベンダー、青みがかったカラーだと肌の透明感がアップします。
さけたほうがいいのは、オレンジなど黄色が強い色です。顔のくすみが目立ってしまいます。

「小顔になるには、ネックラインが大事」

血色がいいと、顔が大きく見えますね。小顔に見えるかどうかは、ネックラインがポイントです。ネックの開き方で首がほっそり長く見えます。Vネックやスクエアネックを選ぶとフェイスラインがシャープになりますよ。
こういった細かなデザイン部分は、実際にドレスを着てみないと分からないことです。ネットショップで注文したドレスが届いたら、イメージと違ったなんてこともあり得ます。
トラブルにうまく対処するためにも、ドレスは式の3か月前には購入しておきましょう。メールや電話のやりとりや交換には意外と時間がかかるものです。ぎりぎりの期限は2カ月まえですね。

色白さん用

ドレス画像:

出典:www.kasyosyo.com

ショップ名:KASHOSHO DRESS SHOP http://www.kasyosyo.com/

昔から「色の白いのは七難かくす」と言われるように、色白さんは真っ白なウェディングドレスがよく似合います。白目と黒目のコントラストもはっきりしていて、目力があるタイプですね。カラードレスなら、白みが強いパステルカラーがおすすめ。アイシ―なシャーベットブルーやパウダーピンクなどは黒目が引き立って華やかになります。
ほとんどのカラードレスは似合うのですが、避けた方がいいのは茶系です。ベージュ系や黄色みの強いアイボリーだと、顔のくすみが目立ってしい、マイナスです。

「ネットで買うと失敗しやすいドレスデザインとは」

ウェディングドレスは、ネット購入でもサイズが細かく選べますし、オーダー対応の店もあります。しかしデザインによっては、実店舗で試着すべきものもありますね。
ネット購入で失敗しやすいのは、ベアトップのエンパイアドレスです。肩ひものないエンパイアは上半身をバストラインだけで支えています。そのためサイズがジャストフィットでないと、きれいにラインが出ません。出ないどころか、着ているうちにだんだんずり落ちてくるかもしれないという、リスキーなドレスなのです。
エンパイア以外のドレスでも、ネット購入するならベアトップは避けた方が無難です。プリンセスラインなどはウエストで支えることできますが、できれば自宅か実店舗で試着をしてから購入する方が安心ですよ。

小麦肌さん用

ドレス画像:

出典:www.buydress.jp

ショップ名:BUY DRESS http://www.buydress.jp/

健康的な小麦色の肌はみていていも気持ちがいいですね。もっとさわやかにしたければ、アプリコットやライムグリーンなどがおすすめです。肌に赤みが出て、元気な印象になります。他にはベージュ系もいいですよ。こんがり焼けた小麦色が一層引き立ちます。薄いアイボリーは印象が優しくなり、花嫁にはぴったりの色でしょう。
避けた方がいいのは、青みがかった色です。アイスブルー、ネイビー、ブルーグレーなどを着ると、かえって血色が悪くみえます。 

「ドレスと小物は同じショップで」

ネットでドレスを探し始めると、店ごとにテイストがはっきりわかれているのがわかります。フリルやリボンでたっぷり飾ったかわいらしいドレスもあれば、余分をそぎ落としたシックなデザインもあります。それぞれウリが違うので、見ているだけで楽しいのです。
ただ見ているだけならいいのですが、買う場合はドレスと小物を同じショップから購入しましょう。ウェディングドレスは普通のスーツと違って、トータルコーディネートが大事です。たとえ小さなアイテムでも、テイストの違うものがひとつ入ると、全体のバランスが崩れてしまいます。
良心的なネットショップなら、コーディネートのアドバイスもできるはずなので、小物選びに迷ったら、メールで相談してみましょう。