Have a Vest Choice!
Have a Vest Choice!

○○の選び方

NISAとは、イギリス発祥の「ISA(個人貯蓄口座)」の日本版で「株や投資信託(投信)の運用益や配当金を一定金額非課税にする制度」のことを指します。NISA口座を利用すると、株や投資信託の売買時にかかる税金で大きなメリットを受けられます。しかし、その詳細を知らないとメリットが享受できません。今回はこのNISA講座の選び方について考えましょう。

NISAの概要

2014年の1月からこの制度は始まりました。通常株式等で利益を上げた場合には約20%の税金がかかります。 しかし、NISA口座を作ると「年間100万円まで」非課税投資枠が設定できます。つまり、100万円を投資して200万円になった場合にも一円の税金もかからなくなりました。
制度が始まり、現在では2023年までの10年間、毎年新たに100万円の非課税枠が追加出来ます。最新の情報では2023年以降もNISA制度を継続する法案が出されています(おそらく可決されるでしょう)。非課税の期間は、各口座で最大5年間となっております。5年目以降は課税対象になるのでご注意ください。詳細は以下図をご覧下さい。

出典:www.ace-sec.co.jp

NISA口座を如何に活用するか

NISA口座は100万円が金額が上限金額になっております。この100万円とは投資金の総額が100万円であるという意味です。つまり、はじめに60万円の株式を買って、利益が出たので40万円分売った。講座の残り金額は20万円ですが、追加で投資できる金額は40万円しかできません。 つまり最初に投資した60万円と残り枠の40万円で計100万円となるからです。
この点を考えると株式を頻繁に売り買いする投資はNISA口座に向いていないことになります。つまり短期投資よりも長期投資に向いた特性があります。 買い方の例としては、儲けが大きく出そうな株式や投資を買い、長期で保有する方法がベストでしょう。株式に詳しくない人は投信の購入をお薦めします。特に海外投信の新興国と先進国の株式インデックスを購入するのがベストな選択と言えます。
特に投信の場合、買うときに掛かるお金、保有中に掛かるお金、売却中にかかるお金があります。当然それぞれの負担金が少ないものを選ぶことが大切です。

NISA口座の選び方

NISA口座を選ぶ基準としては以下3点が挙げられます。
-たくさんの投資対象銘柄を揃えていること -投信を買う場合に備え、購入から売却までの負担金が小さいこと -その他各種手数料が安いこと
この観点から考えると、実際の銀行や対面の大手証券よりもネット証券の方が有利だと考えられます。尚、一度NISA口座を作ったら、4年間は口座を他の証券会社等に乗り換えることができませんのでご注意下さい。